2017~2018年度スローガン 『これまでに感謝 これからを創造』Share vision

岩槻ロータリークラブへようこそ

2017~2018年度スローガン 『これまでに感謝 これからを創造』 Share vision

第55代会長  小 林 利 郎 Toshiro Kobayashi

小田光司 2017~2018年度、岩槻ロータリークラブ第55代会長を拝命いたしました小林利郎です。皆様ご認識の通り本年度は、当クラブが創立され55年目です。その節目の年度に会長を務めさせていただきます事はもとより会員皆様にとりましても、より大切な年度であることを重くうけとめ、55年の長きにわたり伝統と格式への認識の高い献身的な取り組みをされてこられた経歴に敬意を表し、そして会員皆様のご意見ご指導を頂きながら役職を全うして行ければと考えます。
 2017~2018年度RI会長イアン H.S. ライズリー氏(オーストラリア・ビクトリア州・サンドリンガム ロータリークラブ所属)は、本年度テーマとして「 ROTARY:MAKING A DIFFERENCE (ロータリー:変化をもたらす)」を発表されました。
この意味は、ロータリーとは何ですかという問いに対して、それは「ロータリー:変化をもたらす」と答えます。ロータリーは可能性と有意義且つ持続可能な奉仕によって実現可能にするもので、そして成長し成熟し地域社会のニーズに対応しながら大きく変わってきましたが、根底にある「ロータリーの理念」や「中核的価値観」には変化はありません。ロータリーが世界有数のボランティア組織であり続ける努力が必要で、皆さん一人ひとりが生きているだけでも他の人に変化を与えているし、自分自身も変化を受けています。ましてや如何に奉仕を通じて人々の人生に大いに変化をもたらせるか、私たちの活動が誰かの人生をより良くしていること、ロータリアンであるからこそ「MAKING A DIFFERENCE(変化をもたらす)」が自然と湧き出て来るものということです。
 そして、RI2770地区 大貫 等ガバナーは、これまで実践されてきた継続事業や単年度事業への見直しと新しい事業への取り組みを呼びかけ「新たな行動新たな感動」を運営方針に掲げられました。会員各自の職業をも通じて培った社会を見る目や人格を引出して、新しいアイディアや意見を出し合い事業に結びつけて行きましょうという意味が込められていると思います。
“それを知る者、それを好む者に如かず それを好む者、それを楽しむ者に如かず”という言葉がありますように、私たちにとりまして楽しむという事は最高の次元と考えます。それを楽しむ境地ですれば人の心も動かすことも出来ると私は常に信じております。ロータリーを知り、そしてそれを好んで、楽しく、しかし伝統と格式を模範として、感受性豊かに、常に成長を求め、そして共に成長を喜べるクラブ運営に努力して行きたいと考えます。
 会員皆様の温かいご指導とご協力を重ねてお願い申し上げます。

重点目標

  • ポリオ撲滅
  • 会員増強に対する意識の向上・推進(純増5名以上への挑戦)
  • 奉仕事業の充実
  • 公共イメージと認知度の向上
  • 心に残る創立55周年

運営方針

私たちを取り巻く環境は今、大きく揺れ動いていると思います。先進国と言われる私たちの国内における市場は既に飽和状態となりつつ、安価で便利な商品が必要以上に出まわり、“便利な生活”が当たり前になってきておりますが、それと並行して、環境や資源の問題が深刻化し、国レベルの政治的・思想的変化の中で人の心の問題が頻繁に取り沙汰されています。問題の本質が見えない、環境の変化に追い付けない、次に打つ手が見つからない等々、私たちは日々の便利さと引き換えに、姿の見えない大きな課題を抱えているように思います。私たちはロータリアンとして、逸早くその課題に気付き、そしてそれに取り組む必要があるのだと思います。“ロータリー“このように世界的にも大きな組織の中での規定や活動を通じて複雑な問題に直面しているロータリアンも少なくないと思います。今の混沌とした世界情勢や経済状況とロータリーと、そしてその仲間について、自由な発想を基盤として語り合いながら、更に優れたロータリアンを目指し、そして更に有意義なロータリー活動のための思考・意識交換の機会を少しでも多くもって行ければと考えます。

ロータリーの目的

 ロータリーの目的は、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の各項を奨励することにある。
  1. 知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること。
  2. 職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること。
  3. ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること。
  4. 奉仕の理念に結ばれた職業人が、世界的ネットワークを通じて、国際理解、親善、平和を推進すること。

四つのテスト

言行はこれに照らしてから
  1. 真実かどうか?
  2. みんなに公平か?
  3. 好意と友情を深めるか?
  4. みんなのためになるかどうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • お問い合わせ
                        
  • facebook
Copyright © 岩槻ロータリークラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.